プロミス キャッシング

プロミスで即日キャッシング|自営者でも借りられる

プロミスの即日キャッシングは、自営者の方でも利用できます。
店舗経営している方、自宅でネットショップを運営している方など、さまざまなタイプの方(自営者)が、即日キャッシングを利用できます。

 

また、青色申告をしていない方でも、自営者として「プロミス即日キャッシング」が利用できます。
最新の申告書類(白色申告)を準備して、プロミスのキャッシングを利用しましょう。

 

ただ、申告書類が白の場合、利用できる金額は少なくなります。
なぜなら、白色申告の場合は「細かな収支の内訳」が把握しにくいからです。

 

融資額を増やしたい場合は青色申告を行い、融資を受けるようにしましょう。

 

プロミスは、自営者にやさしいカードローンです。
自営者用としてプロミス「フリーキャッシング」のほか、プロミス「自営者ローン」が利用できます。

 

どちらも事業資金のほか、生計費としても活用できます。

 

自営者の方は、プロミスで即日キャッシングを利用しましょう。
ただ、融資を受ける場合は「フリーキャッシング」の利用がおすすめです。

 

フリーキャッシングの方が利息も低く、返済負担も少なくなります。
ぜひ、借入の参考にしてみてください。
参考元・・・サラ金の金利比較|即日融資も可能なおすすめ大手サラ金

 

プロミス「フリーキャッシング」の利息

プロミス「フリーキャッシング」の限度額は500万円まで、利息(実質年率)は、4.5%〜17.8%です。
最高500万円までカバーしているので、つなぎ融資にも活用できます。

 

プロミス「自営者カードローン」の利息

プロミス「自営者カードローン」の融資は、300万円までカバーしています。
実質年率は、6.3%〜17.8%です。

 

自営者専用のローン商品ですが、この借入にこだわる必要はありません。
なぜなら、自営者の方は実質年率の低い「プロミス・フリーキャッシング」が利用できるからです。

 

上限金利は同じですが、下限金利はプロミスフリーキャッシングで4.5%、自営者カードローンの場合は(下限金利が)6.5%です。
借入の金額が大きければ、ぜひプロミス・フリーキャッシングを利用しましょう。

 

自営者・プロミスでお得なキャッシングはどれ?

自営者の方が利用できるローンは、以下の通りです。

 

  1. プロミス「フリーキャッシング」
  2. プロミス「自営者専用ローン」
  3. プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」

プロミスでは「貸金業法に基づくおまとめローン」を扱っています。
このローンは、他社での借入を一本化するローンです。

 

通常、どのローンも総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の借入はできません。
しかし、「貸金業法に基づくおまとめローン」に関しては、年収の制限無く新たな融資が利用できます

 

これは、他社での借入負担を減らす目的があり、多重債務になるリスクが少ないからです。
自営者の方で「他社での借入負担が辛い」という方は「プロミス・貸金業法に基づくおまとめローン」を利用しましょう。

 

ただ、年収の3分の1を越えていない場合は、プロミス「フリーキャッシング」の利用が便利です。
なぜなら、プロミス「フリーキャッシング」は最大500万円の融資に対応しており、プロミスの中では最も利息が少ないローンだからです。

 

プロミスフリーキャッシングで融資を受ければ、他社での借入負担も少なくなるでしょう。
もちろん、複数ある借入も一本化できます。

 

パソコンで申し込みをした後は「おまとめ目的でフリーキャッシングを利用したい」とオペレーターに相談しましょう。
プロミスの申し込みをスピーディーにするには、パソコン申し込みが一番です。

 

自営者の方もぜひ、スマートフォンやパソコン(タブレットでもOK)から、プロミスの「即日融資」を利用しましょう。
パソコンやスマートフォンで先に申し込みをしておけば、最短申し込みをした当日中に融資が受けられます

 

日中忙しい方は、深夜や早朝でも構いません。
ネット申し込みから、プロミス「フリーキャッシング」に申し込みをしてみましょう。

 

必要書類は、身分証明書(運転免許証や保険証)のほか、所得を証明する書類(青色・白色申告書類)や税額通知書が必要です。
どの書類も最新のものを用意しましょう。

 

時々、古い書類を提出する方がいますが、最新の書類でなければ受理されません。

 

もしも、身分証明書と現住所が異なる場合は、公共料金の領収書を提出しましょう。
ガス・水道・電気代は、どれも本人確認書類として受理されます。

 

ただし、携帯電話の領収書、フレッツ光やeo光、プロバイダー契約の領収書、新聞代などは受理されないので注意しましょう。
運転免許証で住所変更を行った方は、必ず裏面もコピーして提出しましょう。

 

身分証明書は、コピーのほかスマートフォンや携帯電話のカメラ機能、パソコンに接続したスキャナを使って「データ化したもの」をそのまま提出できます。
最も手軽なのは、スマートフォンや携帯電話で撮影し、そのままアップロードして送る方法です。

 

申し込みの際、利用してみてください。

 

自営者の方がプロミスを利用する場合、自営者専用ローンよりも「フリーキャッシング」の方が、利息の面で得をします。